青汁やグリーンスムージーはワーファリンとの飲みわせに注意が必要

青汁,ワーファリン,グリーンスムージー

 

青汁は健康によいとされていますが飲みすぎは危険です。
とくに薬を飲んでいる方は注意が必要です。
青汁で一番注意しないといけないことは、ワーファリンなどの薬との相互作用です。
ワーファリンとは血栓をできないようにするための薬で、血栓塞栓症の予防のためにつかわれている薬です。
エコノミー症候群など、静脈血栓を予防するためにも使われます。
血栓というのは一度でも出来てしまうと非常に危険で、最悪の場合、死に至ることもある怖い病気です。
その血栓を防ぐためにワーファリンなどが使われるのですが、青汁はこのワーファリンの働きを弱めてしまう危険性があるそうです。

 

ワーファリンというのはビタミンKに似た構造をもった物質です。
ビタミンKは、肝臓で血をかためる物質を合成するときに働くのですが、ワーファリンはそのビタミンKの働きに競合することで血をかためる物質の合成を阻害し、血をサラサラにするのだとか。
そうすることで血栓が出来るのを防いでくれるのだそうです。
要するに、ワーファリンというのはビタミンKの働きをおさえるということのようです。

 

一方、青汁にはビタミンKが大量に含まれているそうです。
とくにケールや明日葉をつかった青汁にはビタミンKが大量に含まれているため、ワーファリンの働きを弱めてしまう可能性があるそうです。
ワーファリンがせっかくビタミンKの働きをおさえて血をサラサラにしてくれているのに、そこに青汁からビタミンKが大量に体内に入ってきてしまうと、ビタミンKによって血をかためる物質がどんどん出来てしまうということですね。
ワーファリンを服用している人は、青汁は決して飲んではいけないそうです。
せっかく体によいと思って青汁を飲んでいるのに、逆効果どころか血栓で命の危険性もあるなんて本当に怖いですね。
青汁と同じように、納豆もワーファリンの働きを弱めてしまうらしいので注意が必要だそうです。
薬を飲んでいる人は、安易にサプリメントや健康食品を飲まないほうがよいみたいです。

 

一方、グリーンスムージーの場合についてもやはり注意が必要です。
青汁とくらべてグリーンスムージーの場合、より多くの種類の野菜などが使われているようです。
使われている原料の野菜にもよるのですが、やはりビタミンKなどが多く含まれている野菜を用いたグリーンスムージーの場合、ワーファリンなどとの飲みわせには注意が必要になってきます。
とはいえ、あまり過剰な心配はしなくても、飲み過ぎなければ大丈夫だそうでうs.
何事も適量が一番ということですね。